自分の仕事で、会社が動く。そのダイナミクスに、ワクワクする。

野田 武史

なぜファーストロジックを選んだのか?

業界シェアNo.1のメディア開発に携わることができる。

京都大学では総合人間学部という様々な分野を文理問わず学べる学部へ入学。
いろいろな分野を学ぶ中で一番おもしろいと感じたのはコンピュータ、情報工学の分野でした。

大学院でももう少し究めようとそのまま進学し、新卒時にはすすめられるまま、国内最大のSIerであるNTTデータに学校推薦で入社しました。
しかし、入社して2年目から自分自身でコードを書くよりも、プロジェクトマネージャーとして、プロジェクト管理をすることがメイン業務となり、スケジュール表と向き合うだけの時間が圧倒的に増えていきました。

もっと、新しいサービス・機能を考えるところから、自分自身でも手を動かしてコードを書くところまで、一気通貫してやりたいと思い、転職。
1社を経て、当社に入社しました。

2度目の転職時に重要視していたのは3つ。
自社サービスの開発に携わることができるかどうか、プロジェクト管理だけではなく自分自身でもコードをかける環境かどうか、そして、会社自体の業績が好調かどうか、でした。

自社サイトの機能案を営業や企画のメンバーだけではなくエンジニア側からも提案できること、自分自身で手を動かしてコードを書くところまですべてに一気通貫して携われること、これは事業会社に在籍するエンジニアならではの醍醐味だと思います。

そして、どんなに良いサービスでも利益を出さなければサービスの存続・改善はあり得ませんので、そのサービス自体で常に利益が出ていることが何よりも重要です。

特に、Webメディアにおいては、業界シェアNo.1であることが最重要だといわれており、不動産投資ポータルサイトの中で業界No.1の「楽待」を運営する当社であれば、安定して開発を進めていけると感じました。 求めていたすべての環境が当社にはあると感じ、複数内定をいただいた中からベストだと判断し入社を決めました。

当社の開発環境とは?

1サービスの開発に企画・要件定義から実装・運用まで一貫して携われる

入社後は、一貫して新サービスの開発に携わっています。
この開発に携わっているのは、主に、新卒で当社に入社した菊池と私の2名。プロジェクトマネージャーだけではなく、自分自身でもコードを書くことがかなり増えました。

新サービスの開発で、企画・要件定義から実装・運用まで関わることができるのは何よりも面白いですね。
言語やフレームワークの選定まで、意思決定に関わることができます。その反面、機能は常に改善を繰り返していくため、リリース後だけではなく、開発途中でも要件を変更する場合もあります。

SIer時代には「こうしたらいいのに」と思っても、顧客からいただいた要件ありきで開発を進めていくことが求められるため、もどかしい思いをしたこともありましたが、今の環境では、新しい機能自体を自ら提案することもできます。
主体的に関われば関わるほど、任される範囲も広がり、更にやりがいが増しますね。

当社で活躍している人物像とは?

サービスをよりよくするために、主体的に行動できる人

当社開発部は、デザイナー・エンジニアで構成されており、2つのサービス開発に従事しています。
必然的に、1人あたりが任される範囲は多岐にわたることから、チームのメンバーが今、どのような状態にあるのか、お互いに共有しあい、効率的に開発していくことが必要不可欠です。
新人であっても、1つの課題に対して、背景や次にどんな課題が来るのかを考えること、いわゆる「1を聞いて10を知る」の姿勢で取り組める人がとても活躍していますね。

小さいことでもおざなりにせず、周囲の人からアドバイスをもらいながら学び続けるような謙虚で素直な人、向上心の強い人が多く在籍しています。

部門の垣根もありませんので、全員が互いに協力しながら成長し続けられる、そういう方と一緒に働きたいと思いますね。