• 文系職で就職活動中だけどエンジニアにも興味がある
  • エンジニア志望だけど、「SIer」が何か、正直良くわからない。
  • 将来の就職活動を見据えて知識をつけておきたい
  • ファーストロジックのエンジニアについて知りたい!

本日はこういった考えを持っている学生の方向けの記事になります。

SIerと比較することによって、ファーストロジックでエンジニアとして働くことの特徴をより理解してもらえればと思います!

SIerとは?

IT構造のピラミッド

IT用語辞典によると、SIerに関して以下のような記述があります。

SIerとは、システムインテグレーション(SI)を行う業者のことである。SIに「~する人」という接尾辞「-er」を付けてできた造語である。システムインテグレーションとは、システムを構築する際に、ユーザーの業務を把握・分析し、ユーザーの課題を解決するようなシステムの企画、構築、運用サポートなどの業務をすべて請け負うことである。これらを行う業者がSIerである。

………長いですね。

IT業界で働いたことのある人ならともかく、まだ働いたことのない学生という身分では、この定義を読んでもよくわからないと思います。

そこで思い切って、正確性より分かりやすさを優先して説明してみます。

ずばり、SIerとは「受託開発をする企業」です

SIerは、自分の会社のためのシステムを開発するのではなく、お客さんにお願いされたシステムを作る企業だと思ってください。

※ここでは正確性より直感的な分かりやすさを優先しています。

SIerでのエンジニアの働き方とは?

同じSIerでも、会社規模や1次受けか下請けかなどで働き方が大きく変わってきます。

  • 上流工程を担当する大手SIerの場合

上流工程を担当する大手SIerの場合は、開発の上流工程を担当することが多くなります。

つまり、要件定義や設計を担当することが多くなり、自分の手でプログラミングをする頻度は低いでしょう。

大手SIerで働くメリットとしては、規模の大きいシステムに関われる、マネジメント能力を養えるなどがあります。

  • 下流工程を担当する下請けSIerの場合

下流工程を担当する下請けSIerの場合は、大手SIerの要求定義や設計に従って実際に開発を行う、下流工程を担当します。

下流工程のSIerで働くメリットとしては、システム開発経験を数多く積めるため、プログラミング能力を伸ばせることでしょう。

ファーストロジックのエンジニアの働き方とは?

  • SIerとファーストロジックの違いは?

まず最初に、SIerとファーストロジックの違いについて見ていこうと思います。

SIerとの違いを一言で言うと、ファーストロジックは「自社開発」の会社だということです。

ファーストロジックは自社サイト楽待を運営しており、お客さんのシステムの開発ではなく、自社製品の開発をしています。

つまりファーストロジックで働くエンジニアの仕事は、お客さんのシステムを作るのではなく自分たちのプロダクトを作ることになります。

  • ファーストロジックのエンジニアの働き方とは?

上流SIerの主な仕事である要件定義や設計、下流SIerが担当する開発やテストなどなど、、、
ファーストロジックのエンジニアはこれらの工程を全て行います。

ファーストロジックのエンジニアはフロントエンド(裏側の仕組みではなく、ユーザーから見える部分)の設計にも携わります。

システムを開発するための全ての工程を経験するので、「自分1人でプロダクトを開発するための能力」が身につきます。

また、SIerと比べて最も異なる点は、どのような製品を作るのかを、自分たちで決めるということです。

SIerはお客さんのシステムを開発するため、開発内容の意思決定権はお客さんにあります。
つまり、お客さんの要望が「正解」です。

しかし我々には、「正解」がありません。
正解が無い世界で判断を下していくことが、一番の醍醐味であり、難しい点でもあります。

  • いろいろな工程に携わってみたい!
  • 1人でプロダクトを開発できるスキルを身につけたい!
  • フルスタックエンジニアを目指したい!
  • 自分の意志で、製品を創っていきたい!

こういったマインドの学生さんには、ファーストロジックはおすすめの環境です!

▼お知らせ
FirstLogicでは現在、開発メンバーを募集しています。
詳細は こちら をご覧ください。